東京で結婚相談所を探す方のために、おすすめの相談所を紹介するサイトです。20代~30代の結婚適齢期を迎えた女性が、都内にある53社の結婚相談所に問い合わせから潜入調査まで敢行!あなたに合った相談所えらびの参考にしてくださいね。

東京の結婚相談所 タイプ別で違う婚活方法を知ろう!

結婚相談所には大きく分けて3つのタイプがあることをご存知でしょうか。タレント広告やネットの情報で結婚相談所を選ぶ前に、どのタイプが自分の婚活スタイルにマッチしそうか、事前によく考えてみると良いと思います。それではひとつずつ、説明していきましょう。

結婚相談所の種類は「仲介」「データ」「ネット」の3タイプ

仲介・相談型

仲介・相談型結婚相談所のいちばんの特徴はやはり、アドバイザーやコンサルタント、カウンセラーといった結婚の専門家がサポートしてくれる点です。

男女間の仲を取り持つ“仲人”の役割を担うため、フェイス・トゥ・フェイスでの対応がほとんど。年齢や職業といった個人のプロフィールデータだけではなく、人柄や雰囲気を見てお相手を探してくれるため、マッチング率は高いと言えます。

また、紹介したら終わりというわけではなく、多くの結婚相談所がお見合いなどのセッティングや結婚までのサポート、成婚退会の後までしっかりアフターフォローをしてくれる手厚いサービスが魅力的。1対1で面と向かってスタッフと話をすることで不安も解消されますし、なにより人の温かみが感じられるサービスが受けられます。

データマッチング型

データマッチング型結婚相談所の最大の特徴は、その会員数の多さにあります。
データマッチング型とはどのようなものかといいますと、自分自身の年齢や職業といったプロフィールを登録して、さらに相手に求める希望・要望も登録、そのデータをもとに自分でお相手を探すタイプの結婚相談所です。結婚相談所によって違いはありますが、大まかな流れは紹介状候補者のプロフィールが送られてきて、気になった相手がいると紹介を申請。承認されると、2人のやり取りがスタートします。

スマートフォンやPCがあれば活動ができるので効率的。店舗に足を運ぶ必要がないので、近くに支店などがなくても婚活できるのもうれしいポイントです。
またデータマッチング型のなかでも、結婚相談所によってはアドバイザーやコンサルタントがいる場合があるので、仲介・相談型とデータマッチング型両方の強みをいかした婚活もできるでしょう。

インターネット型

3タイプの結婚相談所うち、いちばん経済的な負担が少ないのが、インターネット型結婚相談所です。最近ではSNSタイプのものなどもあり、利用者が年々増えているようです。店舗がなくインターネット上で活動できるので、会費などの活動費はかなり抑えられます。婚活サイトや婚活パーティーなどと同時進行で婚活が行えるため、併用してみるのもひとつの手段。すぐに登録ができ、入会金や成婚料といった費用がかからない場合もあるため会員数が多く、条件や地域などの選択肢も広がります。出会い系サイトとの大きな違いは独身証明など必要書類の提出が義務付けられていること。まれに身元確認などのルールがあいまいな相談所もあるので、この点は注意が必要です。

結婚相談所のタイプ別 メリット&デメリット

仲介・相談型

メリット:

仲介・相談型の結婚相談所では、アドバイザーやコンサルタントといった結婚の専門家が個別に担当してくれます。親身になって相談に乗ってくれますし、候補者を絞り込んで仲を取り持ってくれる婚活サービス。入力されたデータだけでマッチングさせるのではなく、プロの目で見て結婚相手として相性の良さそうな人を紹介してくれるため、ある意味着実な婚活方法と言ってよいでしょう。費用の面では、人の手を介してのサービスであるため、3種類の結婚相談所の中では割高です。しかしその分、婚活をムダに長引かせることのないようにと、婚活に対して積極的に取り組む姿勢の会員が多くなります。そのため、1年以内に成婚する会員がほかの婚活サービスと比較すると多く、成婚率も高くなっています。

デメリット:

人的なサポートがある分、他のタイプの結婚相談所に比べるとどうしても費用が高くつきます。ただし、結婚相談所により入会金や月会費、成婚料など大きな違いがありますので、ご自分の予算に合わせて結婚相談所を選ぶようにすれば大丈夫。成果を出すために必要な投資と考えましょう。

データマッチング型

メリット:

登録をすれば婚活ができるという手軽さから、なにかと忙しい現代の婚活方法にいちばんマッチしていると言えます。電車に乗っているときや、自宅でリラックスしているときでも、タブレットやスマートフォンといったモバイル端末からでもアクセスできるため、自分の好きな時間やタイミングで婚活が行えます。
会員数は他の結婚相談所に比べてとても多く、候補者の選択肢が広がるためたくさんの人とマッチングできる可能性があるという点が最大の特徴です。出会いのチャンスは一気に増えるはず。 お互いに希望する条件で絞り込んだ上で、その条件をクリアした相手がデータマッチングで選ばれます。求める条件と合わない人は候補者に含まれないため、要望どおりの相手と出会える可能性が高くなります。

デメリット:

登録人数が多い分、たくさんの人から紹介状やプロフィールをもらうこともあるようですが、その大量に来た紹介状の中から、会って話がしてみたい人、電話をしたい人など、自分自身で選ばなければいけません。さらにデータだけで判断されてしまうため、目立った特徴が無いとリアクションがないことも。

インターネット型

メリット:

婚活する上で無視できない活動費ですが、インターネット型結婚相談所の多くは月々のコストのみで、入会金や成婚料、お見合い料などの高額な費用がかからないという最大の利点があります。さらにすぐに退会も可能なので、無駄に支払う費用が一切と言っていいほどありません。
アドバイザーなど専門家のスタッフはいませんが、「あまりお金をかけずに自分のペースで婚活がしたい!」という人にとっては、良いこと尽くめの心強いツールになるでしょう。さらに仕事で忙しいなど時間の確保がなかなか難しい人などにとっても、インターネット型の結婚相談所はとても便利なサービスであるといえるでしょう。

デメリット:

インターネット上のみでの活動となるため、本来ならば会員は厳正な審査をクリアしているべきです。しかし実情は、登録時に公的な証明書を不要としている結婚相談所もあります。そのため、プロフィールを詐称して婚活をしている人、そもそも出会いのみを目的として利用する人が後を絶ちません。個人情報の保護と独身証明など身元がしっかり確認できるかどうかを見極め、悪質な出会い系まがいのサービスに引っかからないよう、細心の注意を払ってサービスを選ぶことようにしてください。

ズバリ!あなたにはこのタイプの結婚相談所がおすすめ

仲介・相談型

初めて婚活をする人

サポートが手厚いのが何よりの特徴である仲介・相談型の結婚相談所。
いままで婚活をしたことがなくて「どのように活動をしていいのかわからない人」または「自分にピッタリの相手がわからない人」にとっては、しっかりと成婚に向けてサポートをしてくれるスタッフがいるのはとてもありがたいことです。

出会いに対して不安を持っている人

一度は婚活サイトやインターネット型の結婚相談所で婚活をした経験がある人の中には、データ上でマッチングをすることに不安を抱いている人がいると思います。本当に出会えるのか、実際に会って印象が全然違う人だったりしないのか、さまざまな不安が頭をよぎります。そういった疑問や悩みにも向き合ってくれる仲介・相談型の結婚相談所であれば、自分のペースで安心して婚活を行うことができるでしょう。

データマッチング型

忙しく、思うように婚活の時間が取れない人

データマッチングによって自動で紹介文が送られてくるため、手間がいりません。そのため「仕事が忙しくて婚活パーティーに参加する時間がない!」というような人にとっては、少ない時間で効率的な婚活ができるサービスだと思います。

積極的にアピールができる人

登録するデータで自分の特長をアピールするため、ちょっとずうずうしいくらい自己主張がある人向きの婚活方法だと思います。控えめな人にはあまり向いていないかもしれません。うそはNGですが、自分の良い面を最大化してたくさんの紹介状が獲得できれば、婚活は成功といえるでしょう。

インターネット型

根気よく活動を継続できる人

結婚相談所により会員の数に違いはありますが、相当な数の候補者とネット上でコンタクトを取る可能性があります。条件を少しずつ変更したり、ご自分のデータを調整したりして、根気よくお相手を探すことができる人であればOK。さらに最近の傾向としてはSNS型のサービスもありますので、複数の候補者から絞り込むまで小まめにやり取りをする必要があります。せっかく条件に合った相手が見つかっても、すぐに返信しないで放置してしまうような方には、向いていないかもしれません。

自分の好みや感覚だけで相手を選びたい人

仲介・相談型もデータマッチング型も、ある意味結婚相談所の専門家たちが分析し、「あなたに最適の人はこの人です」と第三者の意見が反映された候補者を紹介してくれるサービスです。インターネット型の結婚相談所は、ある意味出会い系サイトのニュアンスを残していますので、判断はあくまで自己責任。第三者に介在されるのが面倒だと感じるような人にはこの婚活方法が最適です。